商談とその管理の重要性

オフィス

組織での管理

営業活動では、商談を行いながら仕事の獲得を行っていくこととなる。これらの商談については、管理を行い状況を整理していくことが重要となる。商談では、売り上げにつながる様々な交渉が行われていく。受注金額やその時期などが主な内容としてあり、その詳細についても顧客と詰めていくことになる。この商談情報については、主に商談を行った営業マンが把握していることになるが組織として管理されていることが重要になる。商談管理を営業マンのみではなく、組織として管理することでメリットが生まれる。組織として管理すれば、上長などがその商談状況の詳細を把握できフォローアップを行うことができる。適切なフォローアップが行うことができれば、商談成立になる可能性が上がる。また、営業マンのみだけではなく組織として取引を行なえる。これらの商談管理については、商談管理システムを導入し行われることが多くなっている。商談管理システムでは、システムの機能などにより金額も大きく異なるものである。数十万程度から導入できるものや、数百万円程度するものなど様々である。商談管理システムによっては、無料で利用できるものもあるが、その場合機能が制限されているケースなどがある。商談管理システムでは、営業マンの日報や商談スケジュール、進捗状況などを簡単に把握管理できる。これらの入力のしやすさや、情報整理のしやすさなどはシステムにより異なるため、比較する必要がある。