オフィス

商談とその管理の重要性

企業においては、営業マンが取引先と商談を行いながら仕事を受注していくことになる。これらの商談については、組織として管理する必要があり、その為のシステムが商談管理システムである。機能や操作性など、システムにより大きく変わる。

詳しく見る

通話

顧客満足度の向上策

東京でリテールビジネスを行う企業にとって顧客満足度向上のためにカスタマーデスクを設けることは一つの方法です。電話代行サービスを使えば費用を抑えて効率的に電話対応ができることから、企業経営者は是非一度検討してはいかがでしょうか。

詳しく見る

電話

留守中の電話対応を改善

電話代行サービスは、オフィスの代表番号等にかかってきた電話を転送し、専門のオペレーターに対応してもらえるサービスです。事務職員を直接雇用するよりも低コストで、機械的な留守番電話サービスよりも高水準の電話対応を実現することができます。

詳しく見る

ウーマン

時間を効率よく使って

CRMは顧客管理システムとして、ビジネスシーンで活用されてります。顧客の基礎情報や商品に対する要望などの情報を、会社の関係者同士で迅速に共有する事が出来ます。また通信端末があれば、外出先からもCRMシステムにアクセスする事が可能です。

詳しく見る

社内

古いものを新しくできる

マニュアルが古くなった、もしくはマニュアルが全く無いという場合は専門の業者に依頼をするようにしましょう。マニュアル制作会社が今の時代に合ったものを制作します。誰が見ても分かりやすいものを作るように心がけているので、経営者と従業員の考えを一致させる事が可能です。

詳しく見る

なくてはならない説明書

男の人と女の人

自社むけから顧客向けまで

近年では海外から直接マシンや製品を輸入して使用したり販売する機会も増えているほか、自社で働くスタッフが日本人に限定せず、幅広い国の外国人スタッフも増えています。マシンの使用や製品の取り扱いにあたっては正しく行わないと思わぬケガや事故のリスクや、製品の故障や破損のリスクも伴います。適正に取り扱うためには付属しているマニュアルを正しく理解することが不可欠です。もっとも、全て英語で書かれている、製造した国の言語で書かれているなど理解が難しいケースもあるほか、日本語の取扱説明書では外国人スタッフに伝わりません。多少の外国語ができても、マニュアルを読みこなすレベルに達する語学力を持つ方はそう多くいません。業務の安全と効率を図るとともに、製品を取引先や顧客に販売する際にはスムーズかつ安全に利用でき、満足を得られるようにマニュアルを整備する必要があります。自社で翻訳をしたり、技術的な内容など専門的な事柄を書き起こすのは手間も時間もかかり、そもそも作成のスキルを持つ人材がいないケースがほとんどです。人材を自社で雇うより、必要に応じてマニュアル制作会社に依頼するのが便利です。対応する語学や技術などがマニュアル制作会社ごとに異なるので、何に対応しているかを確認しましょう。取扱説明書が得意、契約マニュアルなどが得意、機械系や電気製品系、医薬系が得意など整備したいマニュアルに適したマニュアル制作会社を探して仕上げてもらいましょう。できるかどうかの確認や見積もりをしっかり行えば、初めてのマニュアル制作会社でも安心して依頼できます。